初心者でも失敗しないポイントサイトの選び方|稼げるポイントサイト選びの極意

ポイントサイトを始めるにあたって、避けては通れないのが、ポイントサイト選びです。

一口にポイントサイトと言っても、その特徴は、それぞれのポイントサイトによって、大きく異なります。

この記事では、上手に稼ぐためのポイントサイトの選び方について、解説しますので、参考にしてください。

ポイントサイトの選び方

ポイントサイト選びの基準となるのが、ポイントの貯めやすさと使いやすさ、それから、ポイントサイトの安全性です。

ポイントサイト選びの基準
  • ポイントの貯めやすさ
  • ポイントの使いやすさ
  • 安全性

ポイントサイト選びで失敗しないためには、これらの基準について、比較検討を行うことが重要です。

ポイントの貯めやすさ

ポイントサイト選びにおいて、当然、重要となるのが、ポイントの貯めやすさです。

ポイントサイトの中には、ポイントを貯めやすいところもあれば、残念ながら、そうでないところもあります。せっかく利用するのであれば、やはり、ポイントを貯めやすいポイントサイトを使いたいものです。

ポイントサイトにおけるポイントの貯めやすさを測るには、以下の項目に着目してみてください。

  • ポイント還元率
  • 広告案件
  • コンテンツ

ポイント還元率

ポイント還元率は、ポイントサイトにおけるポイントの貯めやすさを決める重要な要素のひとつです。

当然、ポイント還元率の高いポイントサイトを利用する方が、ポイントを貯めやすくなります

ポイント還元率は、それぞれのポイントサイトによって異なり、ポイントサイトが違えば、同じサービスの広告を利用した場合でも、獲得できるポイント数に差が出ますので、できるだけポイント還元率の高いポイントサイトを利用するようにしましょう。

広告案件

掲載されている広告案件は、それぞれのポイントサイトによって異なります。

広告掲載数の多いポイントサイトほど、いろいろなサービスを利用して、ポイントを貯めることができます。

また、よく使うサービスの広告が掲載されているかどうかについては、必ず確認するようにしておきましょう。利用機会の多いサービスの広告が掲載されているポイントサイトを使うことで、より効率的にポイントを貯めることができます。

楽天市場のような大手ショッピングサイトであっても、取り扱っていないポイントサイトがあるため、注意が必要です。

コンテンツ

ポイントサイトでは、広告サービスの他、以下のようなコンテンツを利用して、ポイントを貯めることもできます。

  • 広告クリック
  • アンケート
  • ゲーム

広告サービスを利用する機会が少ないという方は、これらのポイントが貯まるコンテンツが豊富なポイントサイトを選ぶようにすると良いでしょう。

なお、ポイントサイトによっては、かなりの量のコンテンツが用意されているところもありますが、ポイント効率の悪いものも少なくないため、ポイント効率の良いものに絞って利用する方が良いと思います。

ポイントの使いやすさ

貯まったポイントの使いやすさも、ポイントサイトを選ぶ際には、重要となります。

いくらポイントを貯めやすいポイントサイトであっても、ポイントの使い勝手が悪いと、優秀なポイントサイトとは言えません。

ポイントサイトを選ぶ際は、以下の項目に着目して、ポイントの使いやすさを確認するようにしましょう。

  • 交換先
  • 最低交換ポイント
  • 交換レート
  • 交換手数料
  • 有効期限

交換先

ポイントサイトで貯めたポイントは、以下のように、さまざまなものに交換することができますが、対応しているポイント交換先は、それぞれのポイントサイトによって異なります。

  • 現金
  • 電子マネー
  • 他社ポイント
  • マイル
  • ギフト券

現金交換については、基本的に、すべてのポイントサイトからポイント交換が可能ですが、特定の電子マネーやポイント等に交換したいという場合は、ポイント交換に対応しているかどうか、事前に確認しておきましょう。

また、現金に交換したいという場合は、振込可能な金融機関を確認しておいた方が無難です。

ゆうちょ銀行やメガバンク、大手のネット銀行については、大半のポイントサイトから振込が可能ですが、ポイントサイトによっては、その他の地銀や信用金庫等への振込には、対応していない場合があります。

ちなみに、ポイント交換サイトを利用すれば、ポイントの使い道を大幅に増やすことも可能です。

最低交換ポイント

それぞれのポイントサイトは、ポイント交換先ごとに、最低交換ポイントを定めていて、一定の水準までポイントを貯めなければ、ポイントを交換することができない仕組みになっています

例えば、最低交換ポイントが500ポイントの場合、500ポイントから交換が可能で、500ポイントに満たないポイントについては、交換することができません。

最低交換ポイントが低いほど、少額からのポイント交換が可能で、貯まったポイントを交換しやすくなります。

反対に、最低交換ポイントが高いほど、ポイント交換までに多くのポイントを貯める必要があるため、貯まったポイントを交換することが難しくなります。

交換レート

貯まったポイントを交換する際の交換レートについては、必ずしも等価とは限りません。

同じ交換先であっても、貯まったポイントを等価で交換できるポイントサイトもあれば、より有利なレートで交換ができるポイントサイトもありますし、反対に、不利なレートでの交換となってしまうポイントサイトもあります。

現金交換の場合は、基本的に、どのポイントサイトも、等価でのポイント交換となっていますので、交換レートを気にする必要はありませんが、その他の交換先にポイントを交換する場合は、よりお得なレートで交換できるポイントサイトを選ぶと良いでしょう

交換手数料

ポイント交換手数料については、必ず確認するようにしてください。

ポイント交換手数料は、ポイントサイトで貯めたポイントを交換する際に必要となるもので、交換するポイントから手数料分のポイントが差し引かれたり、反対に、交換するポイントに手数料分のポイントが上乗せされたりする形で負担することになります。

せっかく貯めたポイントを手数料として失ってしまうというのは、かなりもったいないです。

ポイント交換手数料は、安ければ安いほど、お得にポイントを交換することができますので、ポイント交換手数料を無料としているポイントサイトやできるだけ低く設定しているポイントサイトを選ぶようにしましょう

有効期限

ポイントサイトで貯めたポイントには、有効期限があり、有効期限を過ぎると、せっかく貯めたポイントも、失効して使えなくなってしまいます。

当然、ポイントの有効期限を長く設定しているポイントサイトの方が、使い勝手が良く、おすすめです。

ポイントサイトの多くは、ポイントの有効期限を半年以上としているため、そこまで気にする必要はありませんが、有効期限があまりに短いポイントサイトについては、注意しておいた方が良いでしょう

また、ポイントサイトによっては、一定の条件をクリアすることで、保有しているポイントの有効期限を延長することができますので、ポイントの延長条件についても、確認しておくと良いと思います。

安全性

ポイントサイトを選ぶにあたって、忘れてはいけないのが、安全性です。

本来、ポイントサイトは、決して怪しいものではなく、安全に利用できるものなのですが、一部の悪質なポイントサイトによるトラブルも後を絶ちません

大手のポイントサイトであれば、怪しいポイントサイトでないことは、明白ですし、セキュリティ対策も十分に取られていますので、安全性について、そこまで気にする必要はないのですが、悪質なポイントサイトに騙されないよう、ポイントサイトを選ぶ際は、以下の項目についても、確認しておくことをおすすめします。

  • 運営元
  • 運営歴
  • 会員数
  • 退会方法
  • SSL化への対応状況
  • プライバシーマークの取得状況
  • JIPCへの加入状況

なお、安全なポイントサイトの見分け方については、以下の記事で、より詳しく解説しています。

運営元

ポイントサイトの安全性を調べる際は、まず、ポイントサイトを運営する企業を確認しましょう。

運営元の企業が信頼できる企業であれば、少なくとも、怪しいポイントサイトではないと判断ができます。

ポイントサイトの中には、上場企業や上場企業のグループ会社が運営するものもありますので、安全性を重視する方は、上場企業運営のポイントサイトを選ぶのも良いでしょう。

運営歴

運営歴が短いポイントサイトよりも、運営歴の長いポイントサイトの方が望ましいです。

運営歴が短いポイントサイトの場合、実績が少なく、良し悪しを判断する材料に欠けてしまうため、運営歴の長いポイントサイトの方が、安心して利用できます。

会員数

会員数が少ないポイントサイトよりも、会員数が多いポイントサイトの方が安心です。

会員数が少ないポイントサイトの場合、広告収入も少ないと考えられるため、運営に行き詰まる可能性も否定できません。

退会方法

大手のポイントサイトであれば、気にする必要はありませんが、悪質なポイントサイトには、退会させないように、わざと退会方法を複雑にしていることがあります

退会方法が複雑だったり、調べてみても、はっきりと明記されていない場合、会員登録はやめておいた方が良いでしょう。

SSL化への対応状況

SSLとは、インターネット上の通信を暗号化して送受信する仕組みのことで、SSL化されているウェブサイトであれば、第三者から通信内容を盗み見されたり、改ざんされたりする心配がありません。

なお、ウェブサイトのURLが「http」から始まっていれば、SSL化未対応、「https」から始まっていれば、SSL化に対応していることを意味しています。

プライバシーマークの取得状況

プライバシーマークも、ポイントサイトの安全性を測る目安のひとつとなります。

プライバシーマークは、個人情報保護体制について、一定の基準をクリアした企業のみが使用を認められるもので、プライバシーマークを取得している企業が運営しているポイントサイトであれば、セキュリティ対策にも力を入れていると考えられます。

JIPCへの加入状況

JIPC (日本インターネットポイント協議会)は、ポイントサイト等のインターネットポイントサービスを運営する企業が加盟する業界団体です。

JIPCには、悪質なポイントサイトを運営する企業は、当然、加盟できないことになっていますので、JIPC加盟企業が運営するポイントサイトであれば、安心して利用することができます。

おすすめのポイントサイト

以下では、安全に利用できて、ポイントを貯めやすく使いやすい、おすすめのポイントサイトをご紹介します。

一からポイントサイトを選ぶというのも、決して簡単なことではなく、なかなか骨の折れる作業です。ポイントサイト初心者の方であれば、尚更でしょう。

ポイントサイト選びにお悩みの方は、以下の中から、お気に入りのポイントサイトを見つけてみてください。どれも優秀なポイントサイトばかりで、ポイントサイト初心者の方にも、胸を張っておすすめできます。

モッピー
東証一部上場企業が運営する超人気ポイントサイト。ポイント還元率が高く、貯まったポイントの使いやすさも良い。
ポイントインカム
ポイント還元率が高く、ポイントを貯めやすい。一度上がったら下がらない会員ステータス制度も魅力。
ハピタス
ポイント還元率の高さは、業界トップクラス。ポイントが貯めやすく、ポイント交換手数料も無料。
ECナビ
東証一部上場企業のグループ会社が運営する大手ポイントサイト。ポイントが貯まるコンテンツが豊富で、利用するほどお得な会員グレード制度がある。
ちょびリッチ
業界トップクラスの会員ランク制度が魅力。利用すればするほどお得になり、ポイントの使い勝手も良い。
ポイントタウン
東証マザーズ上場企業運営の大手ポイントサイト。少額からポイント交換が可能で、ポイント交換手数料も無料。ポイントが貯まるコンテンツが豊富で、会員ランク制度も充実。
げん玉
貯まったポイントが自動で増えるポイント利息が魅力的なポイントサイト。ポイントが貯まるコンテンツも豊富。
すぐたま
東証マザーズ上場企業のグループ会社が運営するポイントサイト。グレード会員制度が特徴的で、利用するほどポイントを貯めやすい。
GetMoney!
すべての交換先に手数料無料でポイント交換が可能。安全に利用できる老舗のポイントサイト。

複数のポイントサイトを利用してポイントを賢く貯める

ポイントサイトは、必ずしも、ひとつに絞る必要はありません。

むしろ、複数のポイントサイトを利用した方が、賢くポイントを貯めることができます

複数のポイントサイトを利用していれば、利用する広告サービスごとに、最も高いポイント還元率を設定しているポイントサイトを選択して、使い分けることができます。また、利用できるコンテンツも増えますので、それだけ多くのポイントを貯めることができます。

ポイントサイトは、無料で利用できますし、安全なポイントサイトであれば、いくつ利用しても悪いことはありません。ポイントサイトを複数利用するデメリットと言えば、管理が大変になることくらいです。

初めから、いきなり数を増やす必要はありませんが、ポイントサイトの使い方に慣れてきたら、複数のポイントサイトを併用することをおすすめします

まとめ

  • ポイントサイトは、ポイントの貯めやすさと使いやすさ、安全性を基準に選ぶ
  • 複数のポイントサイトを使い分けると、より賢くポイントを貯められる

ポイントサイト選びは、ポイントを上手に貯めるうえで、非常に重要なことですが、実際に使ってみないと、分からないことも多いものです。

まずは、難しく考えず、気になるポイントサイトに会員登録をしてみると良いと思います。

実際に使ってみて、ポイントサイトの良し悪しやポイントサイトとの相性を確かめることで、自分に合ったポイントサイトが見えてくるはずです。