トリマのアプリの評判は?危険性はある?使い方と攻略法を徹底解説!

トリマは、移動するだけでポイントがもらえるお得な無料スマホアプリです。

トリマを使えば、日常のあらゆる移動をポイントに変えてくれます。

この記事では、トリマの特徴や使い方等について、詳しく解説します。会員登録の際に使えるお得な特典付き招待コードも記載していますので、ぜひ活用してください。

トリマとは

トリマとは

トリマは、移動距離に応じて、マイルと呼ばれる独自のポイントを貯めることができるポイ活アプリです。

特別なことをしなくても、ただ移動するだけで、ポイントを貯めることができます。

歩数に応じたポイントがもらえるアプリは、他にもありますが、徒歩に限らず、乗り物による移動でも、ポイントを貯められるというのが、トリマの大きな特徴です。

貯まったポイントの使い道も豊富で、現金や電子マネー、他社ポイント等に交換が可能です。

トリマの基本情報

ポイントレート 100マイル=1円
最低交換ポイント 30,000マイル
ポイント有効期限 最終マイル獲得日から180日
対象年齢 13歳以上
運営開始 2020年
運営会社 インクリメントP株式会社

インストール後の招待コード「Ux_Qg5SCS」入力で5,000マイルプレゼント!

App Storeからトリマをダウンロード
Google Playからトリマをダウンロード

マイルの貯め方

トリマのマイル獲得方法

トリマでは、移動距離に応じて、タンクにマイルが貯まり、タンクに貯まったマイルを回収すると、マイルを獲得できる仕組みになっています。

  1. 移動してタンクにマイルを貯める
  2. タンクに貯まったマイルを回収する

タンクは、移動するだけで貯めることができますが、タンクに貯まったマイルを回収しなければ、マイルを獲得することはできません。

移動してタンクにマイルを貯める

移動をすれば、自動的に、タンクにマイルが貯まります。

移動でトリマのマイルを貯める

タンクを貯めるための移動手段に制限はなく、徒歩はもちろんのこと、乗り物による移動でも、タンクを貯めることができます

タンクを貯めるために必要なのは、移動距離です。移動手段が何であれ、長距離を移動したもの勝ちとなります。

なお、タンク1本をいっぱいにするために必要な移動距離は、約10㎞です。

タンクに貯まったマイルを回収する

タンクがいっぱいになると、貯まったマイルを回収することができます。

タンクに貯まったマイルの回収方法には、動画を視聴して回収する方法と動画を視聴せずに回収する方法があります。

  • 動画を見てマイルを回収する
  • 動画を見ずにマイルを回収する

流れる動画は、1回あたり30秒程度の動画広告で、動画を見ても見なくても、貯まったマイルを回収することはできますが、動画を見て回収した場合と動画を見ずに回収した場合では、獲得できるマイルに差があります。

動画を見てマイルを回収する

動画を視聴してマイルを回収すると、100マイルを獲得でき、更に、ボーナスマイルが当たるガチャを引くことができます。

つまり、動画を視聴した場合は、最低でも、10㎞あたり1円を獲得できる計算になります。

ボーナスマイルが当たるガチャを引ける

トリマのガチャ

ガチャでは、以下のいずれかを必ず獲得できます。

1等
100,000マイル
2等
100マイル
3等
1メダル

1等の100,000マイルが当たる確率は、かなり低いですが、2等の100マイルであれば、そこそこの確率で当選します。

完全に運任せではありますが、はずれもありませんし、地道に参加していると、それなりのマイルを貯めることができるお得なゲームです。

なお、メダルは、マイルが当たるスロットを引くためのアイテムです。

動画を見ずにマイルを回収する

動画を視聴せずにマイルを回収した場合は、25マイルのみ獲得可能です。

動画を視聴した場合に比べると、獲得できるマイルが大幅に減ってしまいますし、ガチャを引くこともできませんので、マイルを回収する際には、可能な限り、動画を視聴して回収することをおすすめします。

歩数に応じたマイルを獲得することもできる

トリマでは、移動距離に応じたマイルの他、歩数に応じたマイルを獲得することもできます

歩数でトリマのマイルを貯める

歩数に応じたマイルの獲得方法も、基本的には、移動距離に応じたマイルの獲得方法と同じです。

1,000歩ごとに貯まったマイルを回収でき、マイル回収時には、動画広告を視聴するかどうかを選択することができます。

動画広告を視聴してマイルを回収した場合は、60マイルを獲得できる他、ガチャを引くことができますが、動画広告を視聴せずにマイルを回収した場合は、15マイルのみ獲得でき、ガチャを引くことはできません

なお、獲得可能なマイルは、1日1万歩までです。

また、歩数に応じたマイルについては、当日中に回収しなければ、翌日に繰り越すことはできません。貯まったマイルは、毎日深夜3時にリセットされてしまいますので、忘れずに回収するようにしましょう。

ランキング順位に応じたマイルがもらえる

トリマのマイル獲得数ランキング

毎週集計されるマイル獲得数ランキングでは、以下のとおり、順位に応じたマイルを獲得できます。

1位
100,000マイル
2位
50,000マイル
3位
30,000マイル
4位~10位
10,000マイル
11位~100位
1,000マイル
101位~1,000位
500マイル
1,001位~10,000位
50マイル
10,001位~
10マイル

ランキングの対象となるのは、移動と歩数に応じて、獲得したマイルのみです。その他の方法で獲得したマイルについては、ランキングの対象外となります。

上位に食い込むのは簡単ではありませんが、順位にかかわらず、必ず10マイルは獲得できるようになっています。

上位にランクインできれば、高額ポイントが期待できますので、自信がある方は、上位を目指して頑張ってみてください。

移動せずにマイルを貯めることもできる

トリマは、移動距離や歩数に応じて、マイルを貯めることができるアプリですが、実は、以下のとおり、移動せずにマイルを貯める方法もあります。

スロットでマイルを貯める

トリマのスロットでマイルを貯める

スロットは、アプリを起動した際のデイリーボーナスとガチャを引くことでもらえるメダルを使って、参加することができ、回転するスロットをタップで止めて、絵柄が3つそろうと、以下のマイルを獲得できます。

  • 5,000マイル
  • 1,000マイル
  • 500マイル
  • 100マイル

絵柄がそろわないことも多いですが、タップするだけの単純作業でマイルを獲得できるため、マイルの獲得効率は悪くありません。

1回あたり5枚のメダルで参加できますので、メダルが貯まったら、必ず参加するようにしましょう。

アンケートでマイルを貯める

トリマから不定期に配信されるアンケートに回答すると、マイルを獲得できます。

トリマのマイルをアンケートで貯める

設問数が少なく、ほんの数分で回答できるものが大半ですので、隙間時間を活用して、回答してみると良いと思います。

ただし、トリマのアンケート配信数は、かなり少なめですので、もっと多くのアンケートに回答したいという場合は、アンケートを専門に扱っているアンケートサイト の利用をおすすめします。

ミッションと買い物でマイルを貯める

トリマでは、ミッションと呼ばれる広告サービスを利用して、マイルを貯めることができます。

トリマのミッションでマイルを貯める

ショッピングサイトの広告も掲載されているため、トリマを経由して、ネットショッピングをすると、マイルが還元されます。

トリマのマイルを買い物で貯める

要するに、ポイントサイト と同じような使い方でマイルを貯めることができるのですが、ポイントサイトに比べれば、広告掲載数は少なく、ポイント還元率も平凡な水準にあるため、広告サービスを利用するのであれば、ポイントサイトを利用した方が良いでしょう。

友達を招待してマイルを貯める

トリマでは、友達を招待して、マイルを貯めることもできます。

友達の招待には、マイページ画面に表示される招待コードを使います。

トリマの招待コード

友達がトリマに会員登録をする際、この招待コードを入力すると、招待が成立し、招待した友達1人につき、5,000マイルがもらえます

ちなみに、招待された友達にも、5,000マイルがプレゼントされるため、招待した方にもされた方にもメリットがある仕組みとなっています。

なお、招待による報酬を受け取ることができるのは、最大10人までです。11人以降は、招待された方にのみ5,000マイルがプレゼントされ、招待した方は、報酬を受け取ることができません。

マイルの交換方法

トリマで貯めたマイルは、ポイント交換サイトのドットマネー を経由して、現金や電子マネー、他社ポイントに交換することができます。

トリマのマイル交換先

交換ページに表示されているのは、以下の10種類の交換先のみですが、実際には、ドットマネーからポイント交換が可能なすべての交換先にマイルを交換することができます

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • nanacoポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • dポイント
  • Google Playギフトコード
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント
  • 現金

ドットマネーへのポイント交換も、ドットマネーからのポイント交換も、手数料無料です。

なお、ドットマネーの特徴やポイント交換先については、以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

商品引換券に交換することもできる

また、貯まったマイルは、デジタルギフトサービスのgiftee を経由して、コンビニ等で受け取れる商品引換券に交換することもできます。

トリマのマイルを商品交換券に交換する

商品交換券へのマイル交換については、交換手数料はかかりませんが、普通に商品を購入するよりも、割高なレート設定になっていますので、あまりおすすめはできません

トリマのメリット

トリマのメリットは、何と言っても、移動するだけでマイルが貯まる点です。

トリマのメリット
  • 移動するだけでマイルが貯まる

移動するだけでマイルが貯まる

トリマでは、アプリをインストールして、位置情報を取得するよう設定していれば、アプリを起動していなくても、移動距離に応じたマイルが貯まります

徒歩移動だけでなく、乗り物移動にも対応しているため、歩くことが少ないという方でも、簡単にマイルを貯めることができます。

意識的に移動しなくても、通勤や通学等、普段の生活をしているだけで、勝手にマイルが貯まります。

トリマのデメリット

反対に、トリマのデメリットとしては、以下が考えられます。

トリマのデメリット
  • マイル回収時の動画視聴が面倒
  • スマホのバッテリー消費量が増える

マイル回収時の動画視聴が面倒

移動距離や歩数に応じたマイルについては、動画を視聴することで、より多く回収することができますが、この動画視聴が結構面倒です。

動画を視聴せずにマイルを回収することもできますが、動画を視聴すれば、動画を視聴しない場合の4倍のマイルを回収することができます。

動画を視聴しない場合、回収できるマイルが大幅に減ってしまいますので、当然、動画を視聴してマイルを回収する方がお得です。

ただ、面倒なことを続けるのは、かなりの負担ですし、気持ちも切れてしまいがちになりますので、動画視聴に固執し過ぎずに、貯まったマイルの回収を最優先に考えるようにしましょう。

ストレスにならない方法で、貯まったマイルを確実に回収することが大切です。

スマホのバッテリー消費量が増える

トリマを利用するには、常に位置情報を取得する必要があるため、どうしてもスマホのバッテリー消費量が増えてしまいます

とは言っても、バッテリーの減りが若干早くなる程度で、常にモバイルバッテリーを持ち歩く必要があるような状態にはなりませんが、バッテリーが弱っているという方は、多少注意が必要かもしれません。

マイルを効率的に貯めるためのトリマ攻略法

以下では、マイルを効率的に貯めるためのテクニックをご紹介します。

タンクと歩数上限を増やす

長距離移動や歩く機会が多い方は、アイテムを使って、タンクと歩数の上限を増やしておきましょう。

貯まったマイルを追加タンクに交換すれば、初期の3本から最大10本まで、マイルを貯めるためのタンクを増やすことができます

トリマの追加タンクでタンクを増やす

また、同様に、歩数の上限を増やすこともできます。

初期の状態における1日あたりの歩数上限は、10,000歩となっていますが、アイテムを使うことで、最大30,000歩まで増やすことができます

トリマの歩数上限を増やす

追加タンクは、1本あたり8,000マイル、歩数上限5,000歩を追加するためには、10,000マイルが必要となるため、決して安い買い物ではありませんが、タンクと歩数上限を追加しておけば、長距離移動の際も、マイルを取りこぼすことがなくなります

加速アイテムを使う

マイルを使って入手できるスピードアップ定期券を使えば、通常の3倍のスピードでタンクを貯めることができます

トリマのスピードアップ定期券

また、ローラースケートを使えば、歩数に応じたマイルの獲得チャンスを2倍に増やすことができ、通常、1,000歩ごとに回収できるマイルを500歩ごとに回収できるようになります。

トリマのローラースケート

移動が多い方は、加速アイテムを使うことで、より効率的にマイルを貯めることができるようになります。

動画広告を視聴して倍速でマイルを貯める

動画広告を視聴すると、スピードアップ定期券やローラースケートと同じように、倍速でマイルを貯めることができます。

動画視聴でトリマの移動マイルを3倍速にする

動画視聴でトリマの歩数マイルを2倍速にする

移動距離に応じたマイルは、3倍速で貯めることができ、歩数に応じたマイルは、獲得チャンスを2倍に増やすことができます。

加速アイテムを使わなくても、倍速でマイルを貯められるため、移動前には、動画広告を視聴することをおすすめします。

トリマの便利な使い方

移動してマイルを貯めるのがトリマの主な使い方ですが、トリマには、それ以外にも、便利な機能があります。

ライフログが残る

トリマのライフログ

トリマでは、取得した位置情報をもとにした日々のライフログを確認することができます。

何かがお得になるということはありませんが、ライフログを見れば、いつどこに行ったか、移動距離や移動時間、滞在時間等を振り返ることができます。

移動手段や歩数の記録も残っていますので、健康管理にも役立てることができます。

お得なクーポンがもらえる

トリマのクーポン

トリマには、さまざまな店舗で使えるお得な割引クーポンが掲載されています。

使い方も簡単で、表示されたクーポン画面やクーポン番号を注文時または会計時に提示するだけです。

クーポンは、毎日更新されますので、街中の店舗利用の際に役立ててください。

トリマの評判と口コミ

以下では、トリマの評判や口コミをご紹介します。トリマの利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

トリマの良い評判と口コミ

移動すれば、マイルが貯まるため、普通に生活しているだけで、ポイ活ができるというのが、トリマの魅力です。

トリマの悪い評判と口コミ

やはり、悪い口コミについては、バッテリーに関するものが目立ちます。

ちなみに、トリマは、起動していなくても、バックグラウンドで移動距離や歩数をカウントしてくれます。移動中に起動しなければ、バッテリー消費量は、かなり抑えられるはずです。

トリマの会員登録方法とお得な始め方

トリマは、アプリをインストールして、会員登録をすれば、誰でも簡単に始めることができます。

トリマを利用するための手順は、以下のとおりです。

  1. アプリをインストールする
  2. 位置情報へのアクセスを許可する
  3. 利用規約に同意する
  4. 招待コードを入力する
  5. 会員登録をする

アプリをダウンロードする

トリマは、App StoreまたはGoogle Playから無料でダウンロードできます。

App Storeからトリマをダウンロード
Google Playからトリマをダウンロード

トリマの利用に費用は一切かかりませんので、安心してアプリをダウンロードしてみてください。

位置情報へのアクセスを許可する

トリマに位置情報へのアクセスを許可する

トリマをインストール後、初めて起動すると、位置情報へのアクセス許可を求められます。

トリマでマイルを貯めるには、位置情報を取得する必要がありますので、位置情報へのアクセスについては、必ず許可するようにしてください。

位置情報へのアクセスを許可しないと、いくら移動しても、マイルを貯めることはできません。

利用規約に同意する

トリマの利用規約とプライバシーポリシーに同意する

位置情報へのアクセスを許可すると、利用規約とプライバシーポリシーに同意するよう求められますので、内容確認後、「利用規約・プライバシーポリシーに同意」にチェックを入れて、次に進みましょう。

招待コードを入力する

トリマの招待コードを入力する

特典付き招待コード

Ux_Qg5SCS

次に、招待コードの入力画面が表示されます。

招待コードは、トリマをお得に始めるためのコードで、招待コードを入力すると、会員登録をするだけで、5,000マイルがプレゼントされます

友達から招待を受けている方は、この画面で、友達から受け取った招待コードを入力してください。招待コードを持っていない場合は、上記の招待コードを入力すれば、5,000マイルを獲得できます。

招待コードを入力しなくても、次に進むことはできますが、招待コードは、後から入力することができず、この画面で入力しなければ、5,000マイルを受け取ることができなくなりますので、要注意です。

なお、招待コードを入力しても、招待したユーザーに個人情報等が公開されることはありません。

会員登録をする

トリマに新規会員登録する

トリマの会員登録に必要なのは、メールアドレスだけです。詳細な個人情報を登録しなくても、簡単に会員登録ができます。

メールアドレスと希望のパスワードを入力して、確認コードを送信すると、登録したメールアドレス宛に確認コードが送られてきますので、これを入力してください。

これでトリマの会員登録は完了です。

アプリのダウンロードから会員登録までは、ほんの数分で完了しますので、すぐにトリマを利用することができます。

アカウントを連携してログインすることもできる

トリマにログインする

なお、トリマでは、会員登録をしなくても、以下のアカウントを使って、ログインができます。

  • Google
  • LINE
  • Facebook
  • Apple

新規にアカウントを作るのが面倒という方は、これらのアカウントを連携して、トリマにログインすると良いと思います。

トリマの安全性

トリマは、運営元もしっかりしていますし、取得した位置情報の取り扱いについても、十分に配慮されているため、安心して利用することができます。

運営元はデジタル地図を作るインクリメントP

トリマを運営するインクリメントP株式会社 は、デジタル地図を作っている会社で、1994年にパイオニア株式会社の完全子会社として、設立されました

2021年6月に、投資ファンドを運営するポラリス・キャピタル・グループ株式会社の傘下企業に事業譲渡されたことから、現在では、パイオニアのもとを離れていますが、社会的信用のある企業であることに変わりはありません。

トリマでマイルがもらえる仕組み

トリマを通じて取得された位置情報は、カーナビソフト等に使用される地図データに活用されています。

運営元のインクリメントPは、マイルを還元する代わりに、ユーザーの位置情報を取得して、地図データの更新に役立てているというわけです。

なお、収集されたデータについては、当然、個人が特定されないように処理されたうえで、利用されています

インクリメントPは、25年以上デジタル地図を作り続けています。日々、道路開通情報やスポット開店閉店情報を行政の道路設計資料や新聞媒体、インターネットから情報収集をして整備に活用しておりますが、より詳細な地図整備やリアルタイム更新、また新たなロケーションビジネスを創出するため、ユーザー様へマイルを還元する形で位置情報データを収集しています。本アプリを通じて収集させて頂いたデータは、アプリ内のライフログページ及び、個人が特定できない形に匿名化処理した上で活用させていただきます。

まとめ

  • トリマは移動するだけでポイントが貯まるポイ活アプリ
  • 徒歩移動だけでなく乗り物移動でもポイントが貯まる

トリマは、あらゆる移動をポイントに変えてくれるお得なポイ活アプリです。

徒歩移動だけでなく、乗り物移動にも対応しているというのが、大きな特徴で、歩くことが少ないという方であっても、移動さえすれば、簡単にポイントを貯めることができます。

移動することが多いという方は、もちろんのこと、移動することが少ないという方であっても、スマホを持ち歩いてさえいれば、知らないうちに、ポイントが貯まっていきますので、インストールしておいて損はないと思います。

インストール後の招待コード「Ux_Qg5SCS」入力で5,000マイルプレゼント!

App Storeからトリマをダウンロード
Google Playからトリマをダウンロード