ハピタスのポイント交換方法を分かりやすく解説!おすすめの交換先はどこ?

ハピタスで貯めたポイントには、豊富な使い道が用意されています。

この記事では、ハピタスのポイント交換先とポイント交換方法について、まとめています。

ハピタスのポイント交換における注意点やおすすめの交換先も紹介しますので、参考にしてください。

新規会員登録後の条件達成で最大1,000ポイント獲得!

  • 会員登録後7日以内におすすめショップを利用して、1か月以内に、通帳に「判定中」と記載されると、300ポイントがもらえる!
  • 会員登録月の末日までに利用した広告が、会員登録月の翌月末日までに合計500ポイント以上有効となると、700ポイントがもらえる!
目次

ハピタスの交換先一覧

スクロールできます
交換先最低交換交換レート交換手数料交換完了日
現金300pt300pt=300円無料3営業日以内
Pollet1pt1pt=1円+0.5%無料3営業日以内
Amazonギフト券490pt490pt=500円分無料3営業日以内
Tポイント300pt300pt=300pt無料3営業日以内
dポイント300pt300pt=300pt無料3営業日以内
Pontaポイント コード400pt400pt=402pt無料3営業日以内
PayPayマネーライト300pt300pt=300円分無料3営業日以内
楽天ポイント390pt390pt=300pt無料3営業日以内
Apple Gift Card495pt495pt=500円分無料3営業日以内
Google Play ギフトコード490pt490pt=500円分無料3営業日以内
Gポイントギフト300pt300pt=300G無料3営業日以内
QUOカードPay300pt300pt=310円分無料3営業日以内
JALマイレージバンク3,000pt3,000pt=1,500マイル無料25営業日以内
nanacoギフト500pt500pt=500円分無料3営業日以内
楽天Edy500pt500pt=500円分無料3営業日以内
ハピタスアウトレット1pt1pt=1円分無料即時
ビットコイン300pt300pt=300円分無料最長15分
リアルエステートコイン1,000pt1,000pt=1,000コイン無料最長30分
WebMoney300pt300pt=300pt無料3営業日以内
BitCash300pt300pt=300クレジット無料3営業日以内
PeX300pt300pt=3,000pt無料3営業日以内
NetMile500pt500pt=500mile無料3営業日以内
ドットマネーギフトコード100pt100pt=100マネー無料3営業日以内

ハピタスのポイント交換手順

ハピタスのポイント交換手順は、以下のとおりです。

なお、以下では、現金交換を例に解説していますが、ほかの交換先においても、基本的な交換手順は変わりません。

STEP
本人認証をする

ハピタスからポイント交換をする際は、まず、本人認証が必要になります。

ポイント交換ページから交換先を選択すると、登録メールアドレスに本人認証の確認メールが送信されます。

ハピタスのポイント交換における本人認証メール送信画面

送信されたメールに記載されているURLをクリックしてください。

ハピタスのポイント交換における本人認証メール

URLをクリックすると、本人認証完了となり、ポイント交換が可能となります。

ハピタスのポイント交換における本人認証完了画面
STEP
交換先を選択する

再度、ポイント交換ページから希望の交換先を選択して、ポイント交換申請を行います。

ハピタスのポイント交換先を選択
STEP
申請情報を入力する

交換先を選択して、申請情報を入力します。

現金交換の場合は、まず、振込先の金融機関の選択画面が表示されますので、希望の振込先金融機関を選択してください。

ハピタスのポイント交換における振込先金融機関選択画面

ちなみに、以前に現金交換をしたことがある場合は、過去に振込を行った金融機関が表示されます。

次に、申請情報の入力画面に移りますので、必要事項を入力してください。

ハピタスのポイント交換申請情報入力画面
STEP
申請内容を確認する

入力した申請内容の確認画面が表示されます。

ハピタスのポイント交換申請入力確認画面

申請内容に問題がなければ、パスワードを入力して、次に進んでください。

ハピタスのポイント交換申請完了画面

これで、ポイント交換申請完了となります。

ハピタスのポイント交換における注意点

ハピタスで貯めたポイントを交換する際には、以下に注意が必要です。

広告を利用したことがないとポイントを交換できない

ハピタスでは、一度も広告を利用したことがない場合、貯まったポイントを交換することができません

ポイント交換は、広告(ハピタスで掲載しているショッピングやサービスのサイト)をご利用いただき、そのご利用が一度でも「有効」として判定されたことがある場合に、可能となります。

初回の交換条件「有効判定が一回以上」とはなんですか?|よくある質問|ハピタス

広告またはモニターを利用して、一度でも有効と判定されれば、ポイントを交換できるようになります。

1か月あたりの交換上限がある

ハピタスには、ポイントの交換上限が設けられていて、原則として、1か月あたり30,000ポイントまでしか交換することができません

1ヶ月あたりの交換限度額を30,000ポイントまでとさせていただいております。

ポイント交換のレートと交換可能額を知りたい|よくある質問|ハピタス

翌月になれば、再度30,000ポイントを上限に交換することができますが、まとまったポイントを交換する際には、注意が必要です。

交換上限が適用されないポイント交換先

ハピタスのポイント交換上限は、基本的に、すべての交換先に適用されるものですが、以下の交換先に限り、1か月あたり30,000ポイントを超えたポイントを交換することができます

  • Pollet
  • ハピタスアウトレット
Pollet

Pollet は、ハピタスを運営する株式会社オズビジョン のグループ会社にあたるPollet株式会社 が運営する買取アプリです。

Pollet

不要な物などを買い取ってくれるほか、提携サービスで貯めたポイントを交換して、Polletの残高にチャージすることができます。

ハピタスのポイントは、1ポイントから手数料無料でPolletに交換できますが、Polletへのポイント交換における交換限度額は、1か月あたり300,000円までに設定されていることから、通常の交換限度額を大きく上回る額のポイントを交換することができます。

Polletにチャージした残高は、金融機関に出金が可能で、現金として使えるため、1か月あたり30,000円の交換限度額を超えた場合においては、真っ先に検討すべき交換先と言えます。

ハピタスアウトレット

ハピタスアウトレット は、ハピタスが運営するアウトレットショップで、食品や日用品をお得なアウトレット価格で購入できます。

ハピタスアウトレット

ハピタスアウトレットでは、ハピタスのポイントを使った支払いが可能で、使用できるポイントに上限はありません。

さらに、支払い額の5%のポイント還元があるため、うまく活用すれば、かなりお得に買い物ができます。

なお、ポイント支払い分についても、ポイント還元の対象となります。

ビットコインへのポイント交換にはbitFlyerの取引口座が必要

ハピタスからビットコインにポイント交換をする場合、bitFlyerの取引口座が必要になります。

bitFlyer以外の取引口座には、ポイント交換ができないため、ビットコインへのポイント交換を希望する場合は、bitFlyerに口座開設をしておきましょう。

招待コード「bc0g1b2v」の入力で1,000円相当のビットコインがもらえる!

楽天ポイントへのポイント交換は損

ハピタスで貯めたポイントは、基本的に、各交換先に等価で交換することができますが、楽天ポイントについては、等価よりも不利な条件での交換となるため、注意が必要です。

ハピタスから楽天ポイントへのポイント交換

以前は、等価で交換することができていましたが、2020年6月に改悪されてしまいました。

ハピタスでは、等価よりも有利な条件で交換できる交換先も用意されていますし、ハピタスから楽天ポイントへのポイント交換については、まったくおすすめできません。

会員ランクを上げるとさらにお得にポイント交換ができる

ハピタスには、会員ランク制度が設けられていて、会員ランクを上げると、以下のとおり、ポイント交換申請額に応じたボーナスポイントがもらえます

交換先ゴールドシルバーブロンズ
Amazonギフト券5%3%1%
PayPayマネーライト5%3%1%
JALマイレージバンク5%3%1%
QUOカードPay5%3%1%
Tポイント5%3%1%
Pontaポイント コード5%3%1%
ドットマネーギフトコード4%2%0.5%
dポイント4%2%0.5%
Gポイントギフト4%2%0.5%
Pollet4%2%0.5%
PeX3%1%0.3%
楽天Edy3%1%0.3%
nanacoギフト3%1%0.3%
ビットコイン3%1%0.3%
楽天ポイント3%1%0.3%
Apple Gift Card3%1%0.3%
Google Play ギフトコード3%1%0.3%
リアルエステートコイン3%1%0.3%
ハピタスアウトレット3%1%0.3%
WebMoney3%1%0.3%
BitCash3%1%0.3%
NetMile3%1%0.3%

現金交換については、ボーナスポイントの対象外となっていますが、会員ランクを上げることで、よりお得にポイントを交換することができるようになります。

なお、ハピタスの会員ランク制度の詳細については、以下の記事で解説しています。

ハピタスのおすすめポイント交換先

ハピタスに貯まったポイントをよりお得に交換したいのであれば、以下の交換先がおすすめです。

  • Amazonギフト券
  • Apple Gift Card
  • Google Play ギフトコード
  • Pontaポイント コード
  • QUOカードPay

これらの交換先については、以下のとおり、等価よりもお得に交換することができます。

交換先割引率(加算率)
Amazonギフト券2%
Apple Gift Card1%
Google Play ギフトコード2%
Pontaポイント コード0.5%
QUOカードPay3.5%

なお、会員ランクを上げれば、前述のボーナスポイントが加算されるため、さらにお得に交換することができます。

ドットマネーへのポイント交換も超おすすめ

これらのほか、ドットマネーへのポイント交換もおすすめです。

ドットマネーは、提携サービスで貯めたポイントをひとつにまとめることができるポイント交換サイトです。

ドットマネーにまとめたポイントは、さまざまな交換先に交換することができるため、ドットマネーを経由することで、ハピタスから直接交換することができない交換先にもポイントを交換することが可能になります。

また、ハピタスから現金にポイントを交換したい場合、ドットマネーを経由すれば、前述のとおり、会員ランクに応じたボーナスポイントが加算されるようになります

ハピタスから現金に直接交換した場合は、会員ランクに応じたボーナスポイントが加算されませんので、現金交換を希望する場合は、ドットマネー経由をおすすめします。 ちなみに、ドットマネーは、すべての交換先に手数料無料でポイント交換ができます。

Polletへのポイント交換には注意が必要

Polletは、交換したポイントが0.5%増量される交換先ではありますが、Polletへのポイント交換については、若干の注意が必要です。

というのも、Polletにチャージしたポイントは、金融機関に出金する以外に使い道がなく、Polletから金融機関への出金については、1回あたり200円の振込手数料がかかります

さらに、Polletから金融機関への出金には、上限が設けられていて、1回あたり30,000円までしか交換することができません。

つまり、ハピタスからPolletには、お得にポイントを交換できるものの、Polletに交換したポイントを出金する際には、増量されたポイントを上回る振込手数料を負担する必要があるということになります。

例えば、ハピタスから30,000ポイントをPolletに交換して、その30,000ポイントをPolletから金融機関に出金する場合、増量されるポイントと必要になる振込手数料は、以下のとおりです。

増量ポイント

30,000ポイント×0.5%=150ポイント

振込手数料

200円

Polletから金融機関への出金に必要な振込手数料が200円となるのに対し、ハピタスからPolletへのポイント交換で増量されるポイントは、150ポイントにとどまるため、結果、50円の損ということになります。

Polletは、ハピタスに設けられた1か月あたり30,000ポイントの交換限度額を超えて、ポイントを交換する場合には、非常に便利な交換先となりますが、それ以外の場合においては、まったくおすすめできません。

ハピタスのポイント交換に関するFAQ

以下では、ハピタスのポイント交換に関するよくある質問とその回答をまとめています。

貯まったポイントは何に交換できる?

ハピタスで貯めたポイントは、以下のとおり、現金をはじめ、さまざまな交換先に交換することができます。

  • 現金
  • 電子マネー
  • ギフト券
  • 各種ポイント
  • マイル
  • 暗号資産
何ポイントから交換できる?

ハピタスで貯めたポイントは、交換先ごとに異なりますが、最低1ポイントから交換することができます。

ポイント交換に手数料は必要?

ハピタスでは、すべての交換先に手数料無料でポイントを交換することができます。

ポイント交換が完了するまでどのくらいの時間がかかる?

ポイントの交換手続きは、一部の交換先を除いて、交換申請をした翌日から3営業日以内に完了します。

ハピタスのポイント交換完了日

なお、土日祝日に交換申請をした場合は、翌営業日に申請したものとして、交換手続きが行われます。

交換可能な金融機関を知りたい

ハピタスで貯めたポイントは、すべての金融機関に現金交換が可能です。

また、どの金融機関にも、300ポイントから手数料無料でポイントを交換することができます。

本人以外の金融機関口座にポイントを交換できる?

現金交換ができるのは、本人名義の金融機関の口座のみです。家族を含む本人以外の口座には、ポイントを交換することができません。

金融機関へのポイントの交換には、必ずハピタスにご登録の会員ご本人様の口座を指定してください。

ご家族様の口座を含め、他者名義の口座へはポイントの交換はできません。

複数の方から同一の交換先に交換の申請があった場合、不正な利用とみなされ、ポイントの交換ができない場合があります。

本人以外の口座でもポイントは交換できる?|よくある質問|ハピタス

まとめ

ハピタスのポイント交換制度には、以下の特徴があります。

  • ポイント交換手数料完全無料
  • 少額からポイント交換ができる
  • お得なポイント交換先が豊富
  • ポイント交換の申請から完了まで時間がかからない

ポイントの貯めやすさに定評のあるハピタスですが、貯まったポイントの使い勝手についても、ほぼ完璧と言えます。

唯一残念なのは、ポイント交換に限度額が設けられているところですが、一度に高額のポイントを交換する場合以外は、そこまで気にする必要もありません。

ハピタスなら、ポイントサイト初心者でも、簡単にポイントを交換できますので、ぜひ利用してみてください。

新規会員登録後の条件達成で最大1,000ポイント獲得!

  • 会員登録後7日以内におすすめショップを利用して、1か月以内に、通帳に「判定中」と記載されると、300ポイントがもらえる!
  • 会員登録月の末日までに利用した広告が、会員登録月の翌月末日までに合計500ポイント以上有効となると、700ポイントがもらえる!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次